【里帰り出産】実家に猫がいる場合のおすすめ対策6選

猫のいる実家で里帰り出産
スポンサーリンク

■はじめに

里帰り先の実家に猫がいるので、赤ちゃんの安全対策を万全にしておきたい!
そんな方に、私が里帰りの時に使っていたおすすめの家電やベビー用品、快適・安全に過ごすための猫ちゃん対策を紹介します!

\この記事を読むと/

・猫アレルギー対策がわかる!
・猫パンチを喰らわず、同じ空間で生活できる!
・猫対策におすすめの家電がわかる!
・猫対策におすすめのベビーグッズがわかる!
 

大切な赤ちゃんと、大切な猫ちゃんが、より安全で快適に過ごせるようになりますよ♡

スポンサーリンク

■掃除をこまめに

掃除は基本中の基本!
猫ちゃんの抜け毛やフケは、アレルギー症状の元です!

掃除のポイントは3つ!

①朝一番で掃除をする

猫ちゃんの抜け毛やフケ、ホコリが床に落ちている朝に掃除をしよう!日中は人の動きで空気中に舞ってしまいます。静まり返った朝にやるのが鉄則!

②まずは拭き掃除

掃除機の風で、猫ちゃんの毛やフケが空気中に舞ってしまいます!(ワイヤレス掃除機なら大丈夫かも?)
朝起きたら、ウェットタイプのクイックルワイパーで静かにふき取るのがおすすめです!

③布製品はコロコロを

猫ちゃん好きで、持っていない人はいないはず!?
コロコロで布製品を入念にコロコロしよう♬

忘れがちなのは、洗濯機にいれる前の衣服です!衣服についた猫ちゃんの毛をコロコロしておくと、洗濯機が綺麗に保たれるので、赤ちゃんの服も清潔♬

■猫ちゃんのグルーミング

フケや抜け毛をまき散らさないために、こまめにグルーミングをするのが大切です!
猫ちゃん用の保湿剤や、洗い流さない泡シャンプーなどを付けてから、グルーミングをしましょう。

MEDICATという猫ちゃんようの保湿剤は、とっても高品質で妊婦さんがいるお宅には特におすすめです。いつものブラッシングに加えるだけ♬

ーこんな猫ちゃんにおすすめー

■ふけなど軽い皮膚のトラブルのある猫
■皮膚トラブルをしたことのない猫
■皮膚がデリケートな猫
■家猫でエアコンなど乾燥環境にさらされている猫
■ブラッシングが好きな猫


ーMEDICATの特徴ー

■「薬剤師×獣医師×医療大学」で徹底研究!
■植物由来100%処方!安心安全!猫が口に舐めても問題なし!
■抜群の保湿力!幹細胞エキスやセラミド、抗炎症成分などをしっかり配合!
■無香料、殺菌成分や消臭成分を含まない!

■空気清浄機をフル稼働

掃除をしていても猫ちゃんがいる以上、100%綺麗になる訳ではありませんよね。。。そこで出番なのが、空気清浄機!

空気清浄機の効果って、目に見えないのでわかりにくいですよね。でも、私は心の底から購入して良かったなと思っています!

何故かというと・・・

空気清浄機を稼働させてから、鼻水・目のかゆみ・肌の痒みがなくなったから!

はい。実は私、猫大好きなクセにアレルギー症状がでるんです。空気清浄機を稼働させてから、症状は出ず快適に過ごせるようになりました!

ちなみに私が購入したものは、AirdogのX3sという商品。ちょっとお値段はりますが、世界最強レベルと言われている空気清浄機です!X3s1台で31畳分の綺麗な空気を排出してくれるとの事で、狭いリビングには充分すぎる♬

YURIE
YURIE

病院でも使われているみたいですよ!

ネットでも購入可能です♬↓


■別室で生活

赤ちゃんが長時間いるお部屋に、なるべく猫ちゃんを入れないようにします。赤ちゃんが使うものや、ママが使うものにたくさん毛がつくのを防ぎます。

とはいえ、ずっと別室で生活するのは難しいですよね。

そんなときに活躍するモノを、次に紹介します!

■保護ネット付きのバウンサーを使う

猫ちゃんとの共同生活。今回の里帰り出産で大活躍だったのが、シェード付きのバウンサー。

私が持っているのは、KATOJIのバウンサーです。

KATOJIのバウンサー
廃盤になっているトイザらスとのコラボ商品

KATOJIのバウンサーは多機能でとても使いやすいんです!

☑KATOJIの嬉しい5つの機能

♦フラットからお座りまで角度調整が可能
♦ホロがエアコンの風や日差しから守る
♦シェードがホコリから守る
♦ストッパーを外せばゆらゆら揺れる
♦収納袋付きで持ち運びラクラク
 
YURIE
YURIE

袋に収納できるので、使ってない時に猫ちゃんに使われる心配もありません♡

BABY
BABY

猫ちゃんってすぐ色んな所で寝るもんね!

基本的には、猫ちゃんを入れない自分の部屋でお世話をしていますが、食事の時などはリビングに行くので、うちはリビングで使用しています!ホロとシェードが猫ちゃん対策になるので、猫ちゃんに引掻かれた!!なんてことが起きないので安心ですよね。まぁ、いるのは優しい猫ちゃんなので、絶対悪さはしないですが・・・(^^)/

\現在販売されているシェード付きの商品はこちら/


ちなみに、収納袋にいれるとこんな感じです。

■ベビーベッドを使う

ココネルエアーがおすすめ
ココネルエアープラスAB

同室で過ごす場合、もう一つおススメなのがベビーベッドです。柵があるので直接猫ちゃんが触れてくるリスクが大幅に減ります。

特におすすめなのが、ココネルエアープラスABというベビーベッド。ココネルは嬉しいメリットがいっぱいです♡

☑ココネルエアーの嬉しいポイント

♦キャスター付きで移動が簡単
♦折り畳み可能で持ち運びが簡単
♦メッシュ素材で、赤ちゃんの手や足が当たっても痛くない
♦色味がおちついていておしゃれ
YURIE
YURIE

すごく可愛いし、購入して良かったなと思います!


ココネルエアーを安く購入した方法はこちら
ココネルエアーにベビーメリーを取り付ける方法はこちら

■さいごに

最後までお読みいただきありがとうございます。大切な赤ちゃんと猫ちゃんがストレスくなく、快適に新生活が送れるといいですね!

当ブログでは、妊娠中におうちでできる運動や食事の紹介、おすすめベビー用品なでを紹介しています。良かったら覗いてみてくださいね~♡

この記事を書いた人
パーソナルトレーナーYURIE

♦パーソナルトレーナー歴13年。
♦フィットネス最先端アメリカの資格NSCA-CPTを保持。
♦美ボディを競うコンテストで優勝を2度経験。韓国大会出場権を手にする。
♦専門学校の講師や飲食店のメニュー監修などにも携わる。

当ブログでは、健康にまつわる情報や、マタニティ・育児に関する情報を発信しています。

パーソナルトレーナーYURIEをフォローする
【レビュー】【妊娠・育児】
スポンサーリンク
シェアする
ヘルスラボ
タイトルとURLをコピーしました